世界の教室をつなぐ、オンライン学習&国際交流プラットフォーム

授業を変える、
世界を広げる。

マスコットキャラ

英語の新しい学習体験を

WorldClassroomで世界中の教室と繋がる!!

ロゴマーク自分の教室が、世界の教室と繋がる

WorldClassroomを用いた授業を行うことで、生徒のスピーキング練習においてはそれぞれの英語力に合わせた学習を行うことが可能に。国際交流機能では、隣の教室に遊びに行くような感覚で、世界の教室と繋がり、同世代との国際交流を実現します。

自分の教室が世界の教室とつながる
高い教育効果と教育負担軽減を実現

ロゴマーク 高い教育効果と教員負担軽減を実現

昨年度は沖縄県の名護市教育委員会との連携し、名護市立名護中学校・大宮中学校にシステムを導入し検証を実施。スピーキング能力や非認知能力(動機付け等)の向上や、教員の業務負担軽減において高い効果が出ました。 本年度は、全国の中学校および高校合計34校、15,000人に導入を進めています。

※2021年 名護教育委員会の効果報告レポートから抜粋

WorldClassroomの提供サービス

国際交流は生徒たちの視野を広げ、実践的なコミュニケーションを通じて英語力を養うことに高い効果があります。
国際交流と主体的な学び、学習のモチベーション向上のサイクルをつくります。

WORLD CLASSROOM

主な機能一覧

オフライン国際交流

オフライン国際交流

comming soon...
先生同士のショート交流

先生同士のショート交流

comming soon...
専門家のコメントが入るエリアです

ITツールがはじめてでも安心の
スタッフによる導入サポート

「授業にICTツールと取り入れるのは不安」「生徒にうまく導入できるか心配」そんな時は、WorldClassroomスタッフが導入を全面サポート!教科会での先生向けの操作説明会や初回授業の立ち合いなどを実施しており、多くの学校で授業にご活用いただいています。

利用者の声

全国の中学校高校34校 約15,000人が活用!
オンライン国際交流も実施!

名護市立名護中学校 英語教諭 松田千草先生
ある生徒が「あの子ともう一回話したい」と言ったんですね。 話したいって思うって英語を勉強する上で一番大事な気持ちに気づいたんだなと思いました。たった何十分という時間で世界が広がったんだなと思って胸が熱くなりました。国際交流の事前学習でも、WorldClassroomを使って、生徒は楽しみながらスピーキング練習に取り組んでいます。

利用者の声

オンラインでの国際交流で進路活動に変化が!

沖縄県立与勝高校 英語教諭 知念秀明 先生

タイとの国際交流を得て、生徒たちの英語学習への意欲だけでなく異文化理解への姿勢も養うことができました。今回は対象が高校3年生であったこともあり、オンライン交流によって世界が一気に広がった経験をしたことで、卒業後の進路活動にも変化がありました。

利用者の声

「もっと話したかった!時間が足りなかった!」

那覇市立松島中学校 英語教諭 宮里征吾 先生

5分間の最初のセッションが終わった瞬間、「あー!」という落胆の声が響きわたり、「もっと話したかった!」「時間が足りなかった!」という生徒の強い想いに鳥肌が立ちました。この体験を全ての生徒にさせてあげたい、単元の中にパフォーマンス評価として取り入れたい、今はそれを目標としています。

利用者の声

教師を助ける「プレゼン練習機能」

名護市教育委員会 指導主事 千葉晶子 先生

自分の発音が採点され繰り返し点数が上がっていくのを楽しみながら、結果としてトレーニングにもなります。宿題としても使え、教師としても生徒が何回取り組んでどれだけ上達があったかなど、生徒学習の要素を把握することができ、教師を助けてくれるシステムだと思います。

利用者の声

生徒のモチベーションが変化する「音読練習機能」

名護市立大宮中学校英語教諭 仲地そのみ先生

英語が苦手な生徒が、認識率を上げるために何度も何度も音読練習を繰り返していました。これまでなら、すぐ諦めていた生徒が、自分で取り組むことにモチベーションを持つようになりました。

利用者の声

苦手な発音を聞きながら何度も練習できる!

名護中学校2年

発音があまりよくないところ、自分が発音できていないところをWorldClassroomが教えてくれ、発音が改善できるのがいい。英語の発音の練習として使いやすい。

利用者の声

プレゼン練習機能で伝えることに意識が向いた

名護中学校2年

実際の国際交流で、自分の言っていることが相手に伝わるようにしたい。そのために、プレゼン練習機能で自分の姿を確認しながら、身振り手振りやアイコンタクトに気をつけて発表の練習をしたいと思った。

導入の流れ

担当スタッフによる丁寧なヒアリングでを行い、授業で活用できるよう導入までサポートいたします。

STEP1

導入の流れ

お問合せ・資料請求

導入の流れ

STEP2

導入の流れ

担当スタッフによる
ヒアリング

導入の流れ

STEP3

導入の流れ

お見積り

導入の流れ

STEP4

導入の流れ

導入開始

よくあるご質問

海外の同世代との交流、音読練習・プレゼン練習機能により生徒の英語での話す力・やりとりする力、英語学習へのモチベーションを高めます。 名護市教育委員会に導入した際のアンケートでは、93.2%の生徒が「英語を学習する目的・意味が明確になった」、71.2%の生徒が「英語で話すことに自信がついた」と回答しました。
定期的に開催している勉強会で他校の先生の取り組みを知ることができます。 また、ウェブサイトでは公開していない先生方の活用方法についての記事がたくさんございます。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
いつでも弊社担当・サポートデスクにメールまたはお電話でご不明な点をご連絡いただけます。 また、導入の際には、弊社担当スタッフと英語科教員のLineグループを作成し、そちらでやりとりをすることで、他の教員への情報共有を円滑にすることができます。
ウェブサイトでは公開していない先生方の活用方法についての記事がたくさんございます。 ぜひお気軽にお問い合わせください。
教科会を活用した説明会、授業への立ち会いなどを行います。 <これまでのサポート例> ・英語教科会で英語の先生を対象としたオンライン/オフラインでの操作説明会の実施 ・WorldClassroomの利用方法のほか優良事例のご紹介 ・参加できない先生のために説明会をレコーディングし、視聴用URLを共有 ・授業における活用方法の立案・サポート ・WorldClassroomを活用する初回授業への立ち会い
利用可能です。モデルや型番によっては確認が必要になるためお問い合わせください。
海外の学校の教室と繋ぎ、少人数のグループに別れて、お互いに自己紹介や自国についてのプレゼンなどをします。
なるべくご希望に沿うように調整いたしますが、相手校のスケジュールや授業時間等の兼ね合いもあり、リクエストを承ることが難しい場合もあります。 年齢についてはなるべく近い学年で調整をするようにしております。
沖縄県名護市教育委員会では、教員の業務負担を年間100時間以上削減可能であるとの効果報告が出ました。 生徒の練習結果をリアルタイムに可視化することでパフォーマンステスト等の評価付けの手間を大幅に改善することができます。
英作文の作成・練習に活用できます 教員が設定したテーマをもとに英作文を作成し、それの発話を練習することができます。
教科書等の文章のリーディングに活用できます。 音読練習は、教科書の文章など生徒に練習してほしい英文を登録することで、生徒が自分自身のペースで音読練習を行うことができます。 音声認識技術により自動採点されて、聞き取りにくい、または間違った発音を確認しながら繰り返し練習をすることができます。 帯学習として授業冒頭5分間で継続して音読練習に活用する学校もあります。
お問い合わせいただければ弊社からご提案します。 予算措置が難しい場合でも、まずはお問い合わせください。
導入人数や期間等によって異なります。 ぜひお気軽にお問い合わせください。 ヒアリングさせていただいた上で、見積書を出させていただきます。