【豊見城市立伊良波中学校】オンライン交流初参加で高い満足をいただきました!

みなさんこんにちは。 HelloWorld株式会社のWorldClassroom運営チームです。

2023年一発目のオンライン国際交流授業は、豊見城市立伊良波中学校でした。伊良波中から約30名、台湾の学校から約15名の生徒に参加していただきました!

伊良波中学校の皆さんはWorldClassroomの海外との交流に初参加でした(^^)!

はじめは不安そうな面持ちでソワソワする生徒さんもいましたが、いざ交流が始まると意欲ある表情に変わっていきました。

沖縄の観光名所紹介「これが国際通りです〜!」
台湾の生徒からの発表にくぎづけ!
WorldClassroom オンライン国際交流授業

豊見城市の特産物やきれいな海の写真をシェア

英語で自分の町の魅力について話す生徒はキラキラしていて、楽しそうでした!

豊見城市の特産品のマンゴーやきれいな景色を見れる瀬長島、また伝統行事の一つであるハーリー競漕などについて話していました。

見たことないような台湾の高級骨董品に興味深々

台湾の生徒からは、台湾の高級骨董品についてクイズをする時間もありました。聞いたことのない単語も使われていましたが、同世代が話しているとまた違うようで、それら骨董品の名前の意味やそれにまつわる伝説等を聞きながら「へぇ~」と声をこぼす生徒も。

互いの学校生活にも触れる

同じ学生でも、国や地域によって学生生活の様子は多様!英語で「何時に学校に行くの?」「朝ごはん何食べるの?」「給食は何?」などの質問を通して文化交流を楽しむ姿が見られました。

授業後に感想をシェアしてくれました!

印象に残っていることは?

仲地さん:「何か日本について知っていることはありますか。」と質問したら、「アーニャ!!(アニメSPY FAMILYの主人公)」と返ってきて嬉しかったです。

比嘉さん:伝統的な骨董品の紹介文は難しかったけど、難しい英語を聞く勉強になりました。

交流はどうでしたか?

比嘉さん:普段の英語の授業とは違う経験ができて楽しかったです。

仲地さん:相手に伝わりやすいようにいつもより英語の発音を意識しました。今回の交流を通じて、これまで意識したことがなかったことに気がつけて、英語に深く関われる経験となりました。

\インタビューに答えてくれた比嘉さんと仲地さん/

次はどんなことに挑戦したいですか?

仲地さん:英語はめっちゃ苦手で、事前に家族に発音や会話表現を質問して予習をしてきました。伝わるように練習して、今日会話が成立していたと思うので自信になりました。海外映画を見たり、英語にもっと親しんでからまた挑戦したい!

比嘉さん:ジェスチャーや知っている単語を使うように意識したら、意外と通じました。正直、英語の勉強にあまり興味なかったのですが、今はもっと話せるようになってまた交流したい気持ちでいっぱいです!

WorldClassroomで国際交流!

*WorldClassroomは世界の教室をつなぐ、オンライン国際交流プラットフォームです。テクノロジーを活用し生徒の言語習得や国際交流を後押しすると同時に、自動評価システムによる教員の負担軽減を目指します。

お問い合わせはぜひ、こちらからよろしくお願いいたします。